スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年01月16日

年越しそば

昨年の年越し蕎麦は「浅羽」さんの蕎麦とそばつゆ♪

  

香りも コシもあって 美味しい♪

私が打った蕎麦もこんなコシがほしいものですface13

「そば遊膳 あさば」
仙台市泉区南中山3-2-15 杜の都信用金庫泉中山支店から南中山小学校方面(西へ)へ向かうとすぐ右手
電話 022-379-8388

「伊達なそば処 あさば」
仙台市青葉区中央1-1-1仙台駅3F 新幹線中央改札口脇
電話 022-266-3233  


Posted by 幸吉 at 07:00Comments(2)蕎麦

2011年03月05日

山形 わらぐちそば

奥が「前に行った事のある蕎麦屋で鴨そばなんだけどつけそばで

固形燃料を使ってて最後まで温かいのが出てくる蕎麦屋行きたい」って

言ってたんだけどね



  続きを読む


Posted by 幸吉 at 18:56Comments(2)蕎麦

2010年10月26日

大石田新そばまつり

大石田町役場



当日はロビーとトイレを開放していました 車もここへ 裏にも広い駐車場があります




  続きを読む


Posted by 幸吉 at 18:58Comments(2)蕎麦

2010年10月23日

2010年10月11日

蕎麦栽培5

蕎麦の実を蒔いてから49日目



伸びの遅かったほうも だいぶ追いついてにぎやか♪  続きを読む


Posted by 幸吉 at 13:12Comments(2)蕎麦

2010年09月27日

蕎麦栽培4

          

蕎麦の実を蒔いてから35日目長いのは7・80cmなっていましたが

虫に食われた葉っぱや倒れてるところもありました

でもこのまま様子を見ることにします

そばの花はちっちゃくてかわいいですね

今度は虫眼鏡で観察することにします


蕎麦栽培1  蕎麦栽培2  蕎麦栽培3  


Posted by 幸吉 at 17:56Comments(0)蕎麦

2010年09月19日

蕎麦栽培3

    

こんな空の下 蕎麦畑が白くなってきました♪  続きを読む


Posted by 幸吉 at 14:28Comments(3)蕎麦

2010年09月05日

蕎麦栽培2

昨日の早朝



仕事前に蕎麦畑を見に行きました

出かけたときは すこしは秋っぽかったのですが?  続きを読む


Posted by 幸吉 at 11:42Comments(0)蕎麦

2010年08月29日

蕎麦栽培

先週 一畝弱の畑に蕎麦の実を蒔いて

昨日見に行ったら ムラはあるけど 5cm位になっていたface02



  続きを読む


Posted by 幸吉 at 14:36Comments(3)蕎麦

2010年03月17日

天童「楓」と白鷹「熊屋」

山形県天童市 こだわりの蕎麦「楓」

天童市美術館そばの静かな場所にあるお蕎麦屋さん

  

私は「板そば」と「そば刺し」連れは「鴨板そば」と「そば刺し」
そうなんです こちらには「そば刺し」なるメニューがあるんですね。
ご主人のお話で 最初はそのまま頂きます
写真で見えてるでしょうか?皿の絵柄が透けて見えるくらい薄く作られています
でもこしがしっかりあり食べるとそばのかおりが鼻から抜けて美味しかったですね
つぎはわさびをちょっと載せて頂きます
すると連れも言ってましたが甘味を感じます そば刺し楽しいですね
あっ!蕎麦つゆで試すの忘れてしまいました 絶対美味しいはずです

板そば香りもよく美味しいし 輪をかけて蕎麦つゆとの相性が抜群にいいと思います
めんつゆはしっかり味があるけどさっぱりしてます

連れにちょっともらった「鴨板そば」は
いいとこの鴨さんがねぎを炙ってからしょって
透き通ったさんご礁に降り立ったみたいな・・・?
これまた鴨はやわらかく美味しくてさっぱり系のつゆに付けていただく鴨板そば 
冷たいめんつゆに一味タイプの私でもこれはいただけました

実はこの後連れの希望で「水車そば」の「とり中華」食べに行きましたが

      

そちらで本日までのそばの張り紙を見つけ結局どちらも頂いてしまったのですが
食べ終わった後 お腹が特別窮屈じゃないんです
そういえば「楓」のご主人が言ってました
「うちのそば食べて少したつとまたお腹すいてきますよ」って 
キーワードは「スッキリ!」ですね



こだわりのそば「楓」
なんか会席料理でも出てきそうな門構えでしたが
ご主人のお話も楽しく
ゆっくり ゆったり 過ごせました



山形県 白鷹町 「熊屋」



相変わらずホットケーキみたいな分厚い皿に盛られて出てきます
このお皿水を吸ってくれるんですかね・・・たぶん
白鷹のお蕎麦屋さんの中では香りがガツンと来るワイルド系のお蕎麦で
つゆも独特(山の幸使用って聞いてます)ですが 
私的には ファンタスティックです

帰りがけ黒滝橋付近をぶらリンコしてきました

    

  

磐梯朝日連峰の山々 最上川が素敵でしたよ
皆さんも桜の咲く頃 花見そばなぞいかがでしょうか音符
  


Posted by 幸吉 at 18:51Comments(4)蕎麦

2010年02月21日

熊かも?

「鴨そば」と「熊そば」のおはなし大泣き

クローバー山形県戸沢村角川「三左衛門そば」

古口から肘折へ貫ける57号線にあるお蕎麦屋さん
何年か前 いつの間にか旗が立ってて気になっていたので
この日のお昼はここと決めていた
雪の多いとこだし 今は肘折まで通り抜け出来ないし
営業してるかな~そんなことを思いながら車を走らせた
雪が少ないな~ だって道路沿いの家が見えるものicon04
あっ!暖簾があがっていました
建物は普通の民家
普通は暖簾あがってるとこが入り口ですよね
で そこから入ったら正面のいくつかあるテーブル(打ち台?)に荷物が
右手に厨房 とても営業中には見えないんだけど 
でも暖簾があがってるので「ごめんください」を数回
女性が出てきて「そちら(家の玄関)からお入りください」
中に入って二間続きの奥のテーブルを見てやっとお蕎麦食べられると思った
手前の部屋にはテレビ オリンピックのモーグル放映中
だるまストーブには超遠火で網の上に丸いものがのっかってる
後で伺ったら「へそ大根」作成中
何でも雪が多すぎて外ではうまく出来ないそうな
「へそ大根」は宮城 丸森のイメージなので 所変われば作り方も違うのね
だるまストーブは優れものだな~

いや~私 朝から雪の中だったので 鴨 あったかい鴨汁にそば・・・
て言うか 決って 板そばや 盛りそばを注文する私が 
「あったかい鴨汁に 冷たい蕎麦を浸けて食べるの出来ますか」?
言ってしまった
後でメニューを見たら「鴨板そば」というメニューのようだ
あと「大盛りで」・・・と言ってしまった



お蕎麦は 私好みの田舎そば 美味しいね~クラッカー 
鴨汁であったまり 蕎麦湯でまたあったまる
でもね 私的にはこのお蕎麦 そばつゆに一味だね

5・6月の山菜取り 角川里の自然環境学校 
最上峡案内人協会のネイチャートレッキングほか
豊かな自然を満喫できる戸沢村ですよ


クローバー宮城県 栗駒「狩人」

栗駒の駅前に・・・駅がありません 鉄道がなくなるってこう言うことなんですね





お店に入ると厨房におばあちゃん 
座敷に足を伸ばして座ってるおじいちゃんとおばあちゃん
「熊そばありますか」?・・・熊がまだ店にいるか心配だったので
いや 熊肉の在庫がまだあるか心配だったので
厨房のおばあちゃん「はいできますよ」私「一つください」
座敷に座ってたおじいちゃんが動き出した
座敷に座ってたおばあちゃんはなんかお持ち帰りのお客さんのよう
話には聞いてたけど このおじいちゃんが「またぎ」のおじいちゃんか・・・
店内にはそれらしき新聞記事や品物が置かれている
このビンはマムシ酒かな? こっちのビンは なんだこりゃ?
しっぽの太いちょっと大き目のウーパールーパーのアルコール漬け?
下のほうに書いてました 「熊の○○○酒」・・・だったかな?
店の中見てると飽きません



おじいちゃんが「熊そば」を持ってきました「熱いですから気をつけてください」
あらっご飯がついてきました チョコレートもついてます
この日はバレンタインデーだったので特別なんでしょうか おしゃれですね



まずレンゲでつゆを・・・あちっー・あち・あち・あち・あっちーicon05
熊の油ですかすごい熱さです もともと熊肉メインですが 
汗をかきながらそばを食べます
そばがなくなってもつゆが冷めません
肉は部位と厚さにもよるのでしょうが 噛み心地が楽しくくせになりそう
つゆは最後まで冷めませんでした 
ホントあったまって そしてパワーが蓄積されますちからこぶ
今度は熊丼? そば団子もありますよface02





2010年2月23日追記 

おかげさまで目標額達成したそうです。

ご協力ありがとうございました。

くわしくは「さやちゃんを救う会」公式サイトをご覧ください。  


Posted by 幸吉 at 10:50Comments(2)蕎麦

2009年10月27日

大石田新そば祭り♪

山形花笠発祥の地 大石田の新そば祭りへ 妻と姉とわんこで行ってきました♪

他県のこういった催しの前売り券は入手の仕方が面倒なこと多いのですが
HPを見たら仙台は藤崎さんとフレンド薬局さんで入手できるとのこと
駐車場の都合でフレンド薬局さんに問い合わせて近くの店舗で購入することが出来ました
どうして薬局さんでと思って聞いてみたら
催しに携わっていた方の息子さんが勤めていらっしゃるとの事
個人外交とか こう言うのっていいですよね・・・♪

      

ちょっと早めに着いたのですが会場前では地場産品のテントが並び賑わっていました
その中にそば焼酎の試飲がありまして・・・でもこんな時は奥様が試飲しているわけで
私アッシー君は指をくわえて話を聞いていました
「飲み終わったら水をお出ししますので」「この水 十四代の仕込み水と同じ水なんですよ」
すかさず私「水だけ飲ませてください」
水をいただきコップに残った氷を見て思いました
「この氷は・・・?」「氷は普通の水です^^」「そっ! そうですよね~(- -;」

町ぐるみの大イベントのようで町長さんも登場
話は良く聞こえなかったのですが(聞いてなかったのですが(- - ;)ここだけは聞こえました
「わたしは大石田の蕎麦(来迎寺在来種)が日本一美味しいと思っていますっ!」
町長さんカッコイ~~~♪

  

        

順番が来て建物の中へ そばの花道を通りお蕎麦を分けていただき席へ着きます
テーブルには食べ放題テンコ盛りの漬物(これもおいしい)
お蕎麦は新そば祭り二日間のためだけに栽培したそば粉と
相性のいい小麦粉を使った二八蕎麦だそうです
かおり抜群 甘くてとても美味しかったですよ~♪
かいもち(そばがき)もエゴマだれで頂きました
ソフトでちょっと甘いエゴマだれがデザート風です♪
会場内は蕎麦を分業で作る方々 お客さんに気を配りテキパキと案内している方々
そして おいしそうに蕎麦をほおばるお客さんたちでほんとにぎわっていました♪
パネルで「大石田そば街道」のお店紹介をしていましたが
東北ぶらリンコで最初に紹介したお蕎麦屋さん「そば切り源四郎」さんもありました♪



今回のチケットの半券は大石田そば街道各店の割引券としても使えます
姉を以前山形市以南の蕎麦屋さんへ案内したことがあるので
今回はこの後「手打ち次年子そば」さんへ案内しました♪

      

途中 最上川に架かる大浦橋を横に見 

景色のいい山道を楽しみながら「手打次年子そば」さんへ♪ 

      

山形は11月に入ると新そばののぼりをいたる所で見かけるようになります

雪が降り出す前に「大石田そば街道」行ってみてはいかがでしょうか♪
  


Posted by 幸吉 at 19:00Comments(7)蕎麦

2008年05月10日

牡丹そば♪

連休中に 何回か蕎麦を打ちましたが

今回は 途中写真を何枚か撮って見ました

写真を撮っていない工程は 余裕がなかったところです(- -;)♪

下手でも 自分で作るのは 楽しいものです♪



中央にくぼみを作り 加水して 水回しをします



だんだん大きくなってきました



加水が終わると 勝手にまとまってくれます



菊練りが終わり 延ばしてきります



小分けにして 茹でます 今回は35秒くらいです

茹で上がったら 水で洗い 氷水でしめて盛ります



最後に蕎麦湯を飲みます 蕎麦湯は そばを食べている間に 下の方が濃くなりますから

上の薄い部分を捨て 下の濃いところだけいただきます

ズスズス~ ゴックン パ~~~♪



で 今回の一番人気は 牡丹そば粉でした 

牡丹そばは 宮城ゆかりの 北海道 伊達市の在来種から生まれた品種です

牡丹そば うまいんです♪






  


Posted by 幸吉 at 21:03Comments(5)蕎麦

2008年03月22日

宮古蕎麦「なかじま」♪



こちらは 福島県 山都町 宮古の お蕎麦屋 「なかじま」さんです

会津「桐屋」店主で 福島の蕎麦を広めている 観光カリスマ 唐橋 宏さんのご実家です

このあたり 今の時期 まだ雪に埋もれるように 

細い道 宮古川沿いに 蕎麦屋さんが点在しています

予約制で 蕎麦懐石風にセットで提供するお店が多いようです

こんにゃくの刺身は どこも自家製のようで お店ごとに味が違うのも 楽しめます

ただ川沿いの道路は狭くガードもありませんので 真冬に行くのは大変かと思いますが

今道路工事をしてましたので いずれ通行しやすくなることでしょう

おいしい湧き水も出ていますので 行くときは ポリタンクなど持って行くと得します

(今の時期飲めないようです 工事のせいでしょうか雪のせいでしょうか わかりませんが)

これからの時期 あまり暑くなる前に いらして見てはいかがでしょうか

周りには 「大内宿」等 素敵な場所がたくさんあります



  


Posted by 幸吉 at 16:23Comments(5)蕎麦

2008年01月27日

そば♪

夕べは そば♪
でわかおりで二割ほど粗挽きを入れてみた♪
蕎麦湯はお玉で注ぎ足しながら飲む♪
朝起きても蕎麦の香りがするみたい♪

  


Posted by 幸吉 at 13:28Comments(0)蕎麦

2007年12月06日

山形 南陽 「源蔵そば」♪



あ、お断りしておきますが、幸吉の蕎麦記事に出てくるお店は、
どちらもおいしいお店です。そのときの気持ちを書いていますがね♪

「荻の源蔵」「荻の源蔵そば」「源蔵そば」最後が正しいのでしょう。
でも、つい「荻の」をつけてしまいます。
「原口そば屋」はそのまま地名だし、大久保の「あらきそば」じゃなんか言いにくい。
でも、「荻の源蔵」は、なんかシックリくる。
山形市方面から白鷹に向かう途中、左にそれてしばらく行くと、看板が見えてきます。
駐車場は、斜面の上段、中段、下段と三箇所あり、中段がお店と同じ高さ。
ただ、駐車場に柵などないので、脱輪しないように注意してください。

  

ここの建物の特徴は、壁いっぱいに野菜が干されています。
お菓子の家ではなく、水玉模様の野菜の家ですね。
自宅脇には、犬がいます。以前は吠えたのですが、今回はおとなしい。
年とったんでしょうか。でもうなっていました。う~~~♪

  

建物に入ると、よくあるパターンで、正面に囲炉裏、正面左側が厨房で、
右側に和室2つ3つ使って客室があります。
客室に入ると・・・おっ、さすが老舗ですね♪
幸吉が高校生の頃のアイドル写真とサインなんか飾っています。
メニューは、蕎麦と、野菜の天婦羅と、冬限定の大根。
そしてこの日は、朝限定で、おから料理をサービスしていただきました。
天婦羅は、食べ物を無駄にしない素朴でおいしい天婦羅です。
そして出ました、大大大根の煮物♪
でかいんですここの大根、依然来たときは、外で大根たくさん売られていましたが、
この日は、玄関脇に少し置いています。
直径25cmくらいの大大大根が♪
でもこの大根、家で煮てもやわらかくて、とてもおいしいのです♪

蕎麦が来るまで、セルフサービスのお茶を入れ、雑誌でも見ようかなと、本棚へ。
これもよくあるパターンですが、お店の人の趣味本と蕎麦本と観光本。
どれにしようか選んでいると、更紙にガリ版刷りの本を数冊見っけ♪
パラパラすると、この町の歴史がまとめてありました。
幸吉が手に取った本には、
初めて町でバス(外車)を買って、乗り合いバスを始めた話等、
興味深い話がたくさん書いてあったんです♪
数冊重ねた内、二冊目途中で蕎麦がやってきました♪
前回はちょっと苦味感じたのですが、今回は、さすが老舗のおいしい田舎蕎麦でした♪
  


Posted by 幸吉 at 18:41Comments(4)蕎麦

2007年12月01日

山形 次年子 箕ゆきそば♪



あ、お断りしておきますが、幸吉の蕎麦記事に出てくるお店は、
どちらもおいしいお店です。そのときの気持ちを書いてますがね♪

次年子も新そばだよなと思い、行ってみたくなった「次年子そば」。単純だね。
関山の紅葉を楽しみながら国道13号線から次年子へ。
七兵衛そばを過ぎ、道路はだんだん狭くなってきました。
すると看板が目に入ってきます。
「箕ゆきそば 行ったことないな 今度行ってみよう」と思いながら、
幸吉BLOG「東北ぶらリンコ」記念すべき最初の記事「源四郎そば」を横目に。
直に「次年子そば」が見えてきたんですが、崖っぷちの駐車場に車が一台もない。
よく見ると、暖簾が出てない。そして、張り紙に、今日休みって。
「ガ―ン」年中無休みたいなお店は、逆に、休むときは臨時休業なのですね。
臨時休業年に何回すんだろね♪
「この先は わらぐちそば 先は大石田だし 行ったことないとこ行きたいな~」
と言うことで、引き返すことに



途中恐竜と遭遇。
紅葉も綺麗、次年子はすべて、山の中なんちゃって。
そして、見えてきた看板からわき道に「箕ゆきそば」へ♪
脇道に入ると、すぐ見えました。
先の駐車場へ車を止めて戻るように道路わき下のお店へ。
なんと、隣が次年子郵便局。
真冬になったら、郵便いつ届くんでしょうね・・・なんて。
今は、蕎麦街道用?に、除雪車入ってますが、
昔は地名の通り、届出も大変だったようです。
でも降りだしたら半端じゃありません。
除雪車の後、ついていったほうがいいかな。

お店は、よくある暖簾と看板がなければ、民家って感じで、
上を見ると、軒下には、キジの剥製。
戸を開けると、あらま、改装したみたいで、綺麗ですね。
鮎釣りらしき、道具類が置いてあり、
木こり用みたいな、でかいのこぎりが、立てかけてあります。
部屋の戸をあけて、座敷の店内へ。
どこかに張ってあるだろう、お品書きを探しながら、空いてたテーブルへ。
普通もりと、大もりと、お酒のみでした。
こんなお店は、人数を言ってから注文すると、スムーズですね。
花番さんに、注文すると、
「当店は 予約制で蕎麦なくなったところですが 
3・40分待っていただけるようでしたら お出しできますが」との事。
幸吉、蕎麦を食べに来たので、しばし待つことになりました。
壁に引っ付いてるテレビでは、N○Kの、のど自慢やってます。
幸吉この番組あまり見る機会ないのですが、
以前よりキンコンカンコンもらう人多くなったような気が。
その上には、ルアー用の釣竿とフライ用の釣竿掛かってます。
なるほど崖の下は、最上川ですから。
ちょっと待つと、今度はご丁寧にご主人らしき人が
「待っていただけますか すみません」と。
ご主人が戻っていった厨房の方を見ると助っ人現る。
男性が後ろ向きで蕎麦を打ち始めた。
結局一時間ほど待っただろうか。
出てきた蕎麦は、挽きたてだろうかこんな香り高いのなかなか無い♪
三たてが、必ずしもおいしいとは思わないけど、挽きたてはやっぱりいいな♪
食べ終わって厨房を見ると、助っ人は外国のおじさんでした♪
これからがたのしみな、箕ゆきそばです♪
  


Posted by 幸吉 at 00:23Comments(6)蕎麦

2007年11月08日

山形 白鷹 「熊屋」♪



あ、お断りしておきますが、幸吉の蕎麦記事に出てくるお店は、

どちらもおいしいお店です。そのときの気持ちを書いてますがね♪


ここの蕎麦は、幸吉的ファンタスティックです♪

つゆは、しいたけを使ってる、しょっぱめつゆなので、

ここは、好みが分かれそうですが、ちょい付けで、蕎麦を楽しめます♪


白鷹あたりは、「味代乃」もそうなんですが、

田舎そばにしては細めで、つゆが濃いんです。


今回、なんかいつもと違いまして、茹でから後かなと思い追加注文。

いつもと同じでも追加注文するんですが、結果、やっぱうめ~♪

ウヒヒヒ~♪


出てくる果物も面白く、舌にピリピリくる柿(塩で渋抜くのかな~わかりません)、

林檎のコンフォート(うなこさんに教わった言葉)、

今回は、イチジクなんですが、味が洋菓子みたいでした♪


地方の蕎麦屋って、場所がわかりづらいの多いんですが、ここは特にわかりにくい。

道がわかっても、暖簾を見落としたら、玄関に、植木鉢をたくさん置いてる、

家にしか見えないので、通り過ぎてしまいます♪

幸吉の後から来た、ご一行も、第一声は「探した探した」でした♪


運よく、お店を見つけたら、障子を開けて人数を告げます。

もりそばしかないんで、これで良いんです。

これからの時期でしたら、入ってすぐの、大きいテーブルがいいでしょう。

これ掘りごたつになってます♪

しばし待つと、お蕎麦が来るんですが、

ホットケーキみたいな形の厚さ1㎝くらいありそうな、焼き物の、お皿にのって♪

これが、白鷹 「熊屋」流なのでしょう♪
  


Posted by 幸吉 at 19:02Comments(2)蕎麦

2007年11月06日

山形 白鷹 「千利庵」♪



あ、お断りしておきますが、幸吉の蕎麦記事に出てくるお店は、

どちらもおいしいお店です。そのときの気持ちを書いてますがね♪


ここの蕎麦は、十割りですが、田舎そばとは違います。

見た目は、更科より、白くなく、太い。

味は、更科より重く、藪より軽い。

香り高く、甘く、適度なコシがあります。

どなたが食べても、おいしいって言ってもらえそうな、蕎麦です♪


こちらの紹介写真に、よく煮卵載ってるんですが、今回はじめて当たりました。

おいしい半熟卵なんですが、白身と黄身の間が特に、おいしかったですね♪


蕎麦が食べやすく、おいしいのはもちろんですが、部屋の天井が高く、

テーブルも適度に散りばめられていて、ゆったりしています。

気が利いているのは、座敷なんですが、

低めの椅子?高めの座椅子?が、あるので、ひざなど痛めた方も、大丈夫。

今回は、義父の看病を日ごろしている義母を息抜きと思い誘ったので、

このお店に決めました。


棚には、蕎麦関係本と地元観光本の間に、「スウィング ジャーナル」。

以前、新庄の「いせき」に行ったときは、

キース・ジャレットの「ケルン コンサート」流れていました。

他でも、ジャズを聴きながら、蕎麦食べたことあるけど、

白鷹「千利庵」は、蕎麦をすする音だけでした♪


  


Posted by 幸吉 at 19:00Comments(0)蕎麦

2007年11月03日

上山 原口そばや♪



山形 上山 「原口そば屋」です♪

先日の記事、案山子の絵のマンホールは、このお店の前にあります。

「村山 あらき」「荻の源蔵」と、山形 田舎そば(板に盛ってあると 板そば)の老舗です。

幸吉思うに、蕎麦の老舗って、季節は季節なりにおいしく出してくれる。

それぞれ特徴がありますが、ここの蕎麦は、食べやすい田舎そばです。

更科や藪がすきだって言う人も食べていただけると思います。

ただ、今回新そばって書いてあったんですが、いつもより香りがちょっと・・・。

また行って見ようかな♪

ところで、ここの、かいもち(かいもず・そばがき)うまいです♪

ムース・プリンみたいにプルプル、ふわふわ♪

幸吉☆末っ子は、これが目当てです♪

納豆と、ゴマと選べるんですが、お菓子感覚で、ゴマをお勧めします。

時間とともに、硬くなってくるので、出てきたらすぐ食べましょう。

でも、蕎麦がメインでしたら、ゴマの甘さが、蕎麦の甘味を邪魔します。

大抵かいもちが、先に出てくるので、

幸吉は、蕎麦を食べてから、一口だけ残してもらって、ゴマを食べます。

デザートですね♪

11月に入って、山形は、地元産のそば粉を使っているお店も、新そばになっているでしょう♪

香り高く、甘くて、薄っすら緑色の、蕎麦いいな~♪






  


Posted by 幸吉 at 14:26Comments(3)蕎麦